鬼怒川温泉と東照宮そして骨折

一週間経って落ち着いたのでブログアップ。
左手だけのキーボード入力です。何故かはあとでわかります。

先週の土日に鬼怒川温泉、日光東照宮に行きました。
入力が不自由なので写真のみ。

鬼怒川温泉1

鬼怒川までは北千住から東武鉄道の特急で約2時間。

途中省略でホテルでの夕食。バイキングでした。

鬼怒川温泉2

次の日は電車で日光東照宮へ。

東照宮の入口にある神橋。
祈願しながら渡ると願いが叶うといわれています。ただし有料です。

神橋

東照宮の中に入ると立派な門や五重塔、建物がたくさんあります。

有名な「見ざる聞かざる言わざる」。

見ざる聞かざる言わざる

国宝の陽明門。装飾が豪華な門です。

陽明門

本殿でお祓いをしてもらったのですが、帰りの下り坂で滑って転んで右手首を骨折してしまいました。
ご利益はいずこへ。

骨折


スポンサーサイト

京都帰省

先週末は3連休だったので京都に帰省しました。
初日夜は大阪で食事会、土曜日の夜は旧友たちとの食事会、そして日曜日は運動会の打ち上げでマンションの仲間と深夜まで。

土曜日の晩は京都の「炭火炉端イコール」という店でコース料理でした。なかなか美味しかった。
コースメニュー。

イコール1

鯛の表面を焼いたタタキ。

イコール2

ベーコンとチーズ。

イコール3

はまぐり。

上品な味でどれもワインに合うもの。堪能しました。

昨日はいつものほてい屋でかつ丼。

ほてい屋かつ丼

ここの丼物も美味しい。

食べ物の写真ばかりですね。美食の秋です。

グレンリベット

新しいシングルモルトを買いました。
スペイサイドのグレンリベット。

フルーティでほのかな甘い香りの飲みやすいシングルモルトです。スコットランドで最初の政府公認蒸留所だそうです。
手頃な価格(アマゾンで3500円)で人気のモルト。
チェイサー代わりのいろはすとチョコで。

グレンリベット

明日は大阪で週末は久しぶりの京都。楽しい飲み会やら運動会やらでスケジュールは一杯。

ほてい屋復活

マンションから一番近い飲食店のそば屋「ほてい屋」が長期の休業から復活、開店しました。

歩いて一分くらいのところにあるお店なので、東京生活を始めて以来ずっとお世話になってきたお店です。
休みも木曜日だけなので土日も含めてよく食べに行っていました。

そのお店が春頃からずっと「しばらく休業します」の張り紙を出したまま閉まっていたので、もうこのまま閉店なのかと思っていました。
老夫婦でやっている店なので、バイクで出前もやっていた大将か女将さんの体調が悪くなったのかと思っていました。

その店が先週から復活したので、今日会社の帰りに寄ってみました。

客は自分だけ。女将さんに休業のことを聞いたら、やはり大将の体調が悪かったそうです。4月からの休業なのでちょうど半年のブランク。大将にはあまり無理せず、店を続けてほしいと思います。

そば屋なのでそば、うどんの麺類や丼物メインですが、定食や冬になるとおでんも登場します。

定食メニュー。

ほてい屋1

以前はもっとたくさんの定食メニューの張り紙があったような気がしますが、少し負担軽減したのかな。それでも麺類や丼類の定番メニューはそのままなので十分ですが。

ビールには柿の種がついてきます。

ほてい屋2

今日はもつ煮込み定食をいただきました。

ほてい屋3

ご飯も多め。もつ煮込みは熱々で美味い。

ほてい屋4

自炊もいいけど、やっぱプロの料理は美味しいよね。
これからも通い続けます。

恵比寿麦酒祭り

午前中に木場公園まで走りに行ってきましたが、やはり今日は朝から気温が高かったので無理せず10キロ走でストップ。

自宅に戻ればいつもなら即ビールなのですが、今日は恵比寿麦酒祭りがあるので我慢、我慢。
シャワーを浴びて出発。地下鉄を乗り継いで恵比寿まで向かいました。

恵比寿は仕事ではよく行きますが、休みの日に行くのは初めてかも。会場は駅から歩いてすぐの恵比寿ガーデンプレイス。恵比寿麦酒の工場があったところですね。地名にもなっています。

恵比寿駅からガーデンプレイスまでは長い動く歩道があるのですが、東京の人はなぜか止まったままの人が多い。止まったら歩くより遅いし、歩道を歩けばさらに早く行けるのに。

関西なら梅田の動く歩道なんてみんな歩いているんですけどね。ということで当然歩道でも速足で歩きます。

会場に到着。

恵比寿麦酒祭り

メインのビヤホールのある会場はご覧の通りでした。

行列

スタッフの人に聞いたらチケット売り場まで待ち時間30分強とのこと。
ビヤホールはやめ。

炎天下ですが、外のフードコートはすぐにビールが飲めるとのことでそちらへ。5台ほどのワゴンでビールとつまみを売っていました。

まずは仙台の牛タンとビール。もちろんエビスです。

牛タン

キンキンに冷えたエビスビールをグビっと一気に。やっぱり美味い。牛タンも柔らかく美味。これはたまらん。

2杯目のつまみはホルモンとキャベツの炒め物。

ホルモン

気温も30度を超えているようで、汗をかきながらのビール。最高で~す。

少し会場の外を歩いてみました。
エビスビール記念館へ。入ったことはなかったので覗いてみました。入場無料です。

恵比寿記念館

入口にエビスのシンボルマーク、鯛を抱えた恵比寿さん。

記念館入口

下は大きなビヤホールになっています。その横にエビスミュージアム。エビスビールの歴史がわかる展示内容でした。

昔のビン

明治26年頃のエビスビールのビン。
当時ビールは高嶺の花でとても贅沢な飲み物だったよう。お値段は1本20銭で1杯2銭のかけそば10杯分だったそう。今だったら安いかけそばでも500円くらいだから5000円とな。

そば10杯

なんとなく懐かしいおしゃれな看板。

看板

いつもなら晩酌は発泡酒か金麦などの似せビールですが、今晩は好きな黒ラベルでも飲もう。